Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
THE HAUNTED

official / myspace / youtube
amazon : 国内盤 / 輸入盤 / 輸入盤(DVD付)
tower : 国内盤 / 輸入盤 / 輸入盤(DVD付)

今尚輝き続けるメロ・デスの名盤を産んだAt The Gatesを解散したメンバーのビョーラー兄弟を中心に結成された、4th「rEVOLVEr」より約2年振りとなる新作。 初代Voのピーター・ドルヴィングの復帰2作目でもあります。

今回は、音楽的に優れたセンスを持ち数々の名リフ/メロディを生み出してきたビョーラー兄弟のうちの1人、パトリック・ヤンセン(g)が個人的な理由があったそうですが、曲作り等に参加してません。

その影響も少なからずあるのか、音が随分と変わってますね~。 デスラッシュを期待していたのですが・・・。 疾走曲も何曲かありますが全体的にスローになって重々しくダークな感じになっていてヘヴィ・ロック的なところもあり。 大半の曲は少し速いパートと、遅いパートを巧みに切り替えながら進んでいきます。 

ピーター・ドルヴィングが前作以上に歌いまくっているのも大きな特徴です。 これによって、聞かせる感じの曲が増えたなぁという印象。 もっと、凶悪なリフを切り刻む曲とかスカッとするようなギターソロを炸裂させてくれる曲も欲しかったな~!

THE HAUNTEDの新機軸、新たな一面を打ち出した意欲的な作品と見るがよし。 でしょう。 


コレクターズ・エディションに付いているDVDの内容。
1.Making of The Dead Eye (Making / Documentary)
2.All Against All(Video Clip)
3.No Compromise(Video Clip)
4.99(live versions)
5.Abysmal(live versions)
国内盤DVD付き当初買おうと思っていたんですが、もたもたしてたら在庫切れでどこにも売ってなかったので輸入盤買いましたが、①などはやっぱり字幕あった方がいいですね。 NTSC リージョン フリーなので普通にDVDプレイヤーで見られます。


CDの紹介-01 / 19 / 23:05 (Fri)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/73-764f1fa3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。