Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
ANGTORIA

official (試聴音源3曲あり)
輸入盤

メンバー
Sarah Jezebel Deva (Vo)
Chris Rehn (G - Key - Programming - Composer)
Tommy Rehn (G - Key - Programming - Composer)


ゲスト参加
Andreas Brobjer - Dr (PLATITUDE / SPACE ODYSSEY)
Dave Pybus - Bass (CRADLE OF FILH)
Aaron Stainthorpe - Vocals (MY DYING BRIDE)
Martin Haggstrom - Vocals (MOAHNI MOAHNA)
Rikard Andersson - Keyboard solo (MAJESTIC / Time Requiem / Space Odyssey)
Tony Konberg - Choir vocals

2006年、シンフォニック(ゴシック)メタルバンドの1st。2004年に5曲入りデモ「Untitled demo」あり。

Cradle Of Filth / Therion / Mortiisなどにツアー同行やセッション歌手として活動していたヴォーカルのSarah Jezebel DevaはSINERGYのキンバリー嬢似?の風貌を持ちながらも、独学で勉強したというオペラ・スタイルの歌唱は実に4オクターブ。

そして、音楽一家に生まれ今回このアルバムで初めて一緒に仕事をした兄弟、古典的な管弦楽の音楽に影響を受ける弟のChris(ABYSSOS)と、プロの音楽家/プロデューサとしてミュージカルや劇場用音楽を手掛けていた兄Tommy(MOAHNI MOAHNA)による壮大なクラシカルメタルとも言えるサウンドはSarah嬢のとても表現力豊かな歌とで相乗効果を生み出し、シンフォニック/ゴシックメタルファンには堪らないだろうオーケストラを多用した高クオリティーのアルバムに仕上がっており、音楽的にはAFTER FOREVERに一番近いのではないかと思います。



TRACK LIST
01. The awakening
02. I´m Calling
03. God has a plan for us all
04. Suicide on my mind
05. Deity of disgust
06. The Addiction
07. Six feet under´s not deep enough
08. Do you see me now
09. Original sin
10. Hell hath no fury like a woman scorned
11. Confide in me
12. That´s what the wise lady said

Limited edition bonus track:
13. A Child That Walks The Path Of A Man

CDの紹介-05 / 27 / 11:48 (Sat)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/30-e02eaf22


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。