Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
THE GATHERING

official
輸入盤

メンバー
Anneke van Giersbergen (Vo)
Rene Rutten (G,Flute)
Frank Boeijen (Key & Programminng)
Marjolein Kooijman: (B)
Hans Rutten (Dr Percussions & Loops)


2006年、オランダのゴシックメタル・バンドの8th。
とは言っても最早メタルの要素は微塵も感じさせず、静寂なPOP/ROCKなたたずまい。
オーディオを前にしてソファーに腰を下ろし、目を閉じて何も考えずにボーっとしながらこのアルバムを聴いてみる。 そうしていると、何ともいえない心地よさが優しく全身を包んでくれ、時の経つのも忘れて至福の60分間が。

楽曲の良さもさることながら、ヴォーカルのAnneke Van Giersbergenの艶があって優しさのある歌声にぐいぐいと引き込まれ、ふと我に帰るとGATHERINGワールドにどっぷり漬かってしまっている自分に気がついたりして・・・。
 
1曲目は、どことなく日本のLOVE PSYCHEDELICOを彷彿させ、特に4曲目、その他の曲でも所々Olivia Newton Johnを思い出してしまいました。
3曲目では、反復する中世的なメロディがとても印象的で結構気に入っています。 後半で歌い上げる所もドラマティックで素晴らしい。

若干昔のプログレッシブ・ロックっぽくもあり、そしてこの内向的で儚くも美しい旋律、暫くハマってしまいそうな予感・・・。

TRACK LIST
01. Shortest Day
02. In Between
03. Alone
04. Waking Hour
05. Fatigue
06. A Noise Severe
07. Forgotten
08. Solace
09. Your Troubles Are Over
10. Box
11. The Quiet One
12. Home
13. Forgotten Reprise

CDの紹介-05 / 25 / 21:15 (Thu)
コメント (0) / トラックバック (1)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/29-946e9125

ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク

ごく当たり前に1曲目と2曲目目当てで買ったのですが、他は聴いたことのない曲が多いせいか、最初はあまりピンとこずやはり既視感ならぬ既聴感のある曲が多いほうが聴きやすいのかしらなどと思っていたのですが回数流して聴くうちに頭を離れなくなる曲がいくつか出てきて、...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。