Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
shades of duskジャケ2
>myspace<

youtubeでも3曲試聴可
1. Inertia...and the Aftermath
2. An Urge to Drown
3. Redefining the Boundaries
4. Frailty by Design
5. A Tangible Concept to an Abstract Subject
6. Shall Remain Silent
7. The Celebration of Vile Procedures
8. Once, I Collapsed
9. Bipolar Incognitus
10. Sophisma (Red Rationale)

2008年、カナダ産エクストリーム(ハイブリッド)メタルバンドの2nd。

昨年のアルバムでありますが、今お気に入りのアルバムがこちら。
かなり良いです!! ここんとこ毎日ずっと聴きまくり。

サウンドの何がハイブリッドか? といいますと、ブラストと低音グロウルを交えたブルータル・デス、デス/メタル・コア、メロディック・デスが散りばめられたようなサウンドなんですね。

テンポ、メロディが目まぐるしく変わります。
が、繋ぎが上手いこと自然な流れになってまして全く違和感がない。
この辺りでテクニカル・デスの要素も呈しているを聴き込むまで気が付かなかった^^
ただのバカじゃん? って話もありますが、その位いい流れになっているのです。

ミドルになると途端にナヨってしまうバンドもいる中、このSHADES OF DUSKは破壊力のある強靭な音でもって攻撃性を失わない、又はメタル・コア/メロデス寄りにしてメロディ重視してみたりと、曲構成に隙がない。

ヴォーカリゼーションは低音グロウル&デス&スクリーム系と、これまたエラいことになってますが いいですね~! スリリングで。 メンバーLine-Upが
Joffrey Chouinard - Vocals
Louis-Philippe Leroux - Guitar
Samuel Desjardins - Guitar
Julien Rodrigue - Bass
Sébastien Pilon - Drums
でありますが曲の中で声が被ってる部分があるので、演奏している誰かがバック・ヴォーカルで参加しているのかな? PVで観ても分かりますが、メインヴォーカルさんの声の切り替えは凄いです。

試聴して気に入ったら是非購入してみて下さいな。

あぁ1st・・・1stも聴きたいすよ。



CDの紹介-05 / 27 / 05:13 (Wed)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/255-4918dd69


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。