Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
昨年、「Strychnine.213」で初めて聴き過去作も是非手に入れたいと思っていたABORTED(ベルギー)、ようやく買いました。 

DSCF7126.jpg
myspace / youtube

1st(1999) - The Purity Of Perversion (Soulreaper Records)
2nd(2001) - Engineering the Dead (Listenable)
3rd(2003) - Goremageddon (Listenable - OLYMPIC RECORDS)
4th(2005) - The Archaic Abattoir (Listenable - OLYMPIC RECORDS )
5th(2007) - Slaughter & Apparatus: A Methodical Overture (Century Media)
6th(2008) - Strychnine.213 (Century Media)


を今迄にリリースしてきたのですが後追いって集めるのが大変で、1stだけはまだ未入手ですけど。

オフィシャル・ストアに無かった3rd/4thは、amazonがどこからか取り寄せてくれました。
一緒に数枚ずつ入荷したのか、今は”在庫あり”です。

しっかしオフィシャルの方、到着まで一ヶ月かかるとは予想外で、心配しましたが無事届いて何より。(2nd/5th)
 
Member (Wikipediaより)
Matty Dupont - guitar (2006)
Jess Moyle - guitar (2006)
Stephane Soutreyard - guitar (2005–2006)
Bart Vergaert - guitar (2002–2005)
Thijs De Cloedt - guitar (2000-2006)
Christophe Herreman - guitar (1998-2000)
Niek Verstraete - guitar (1997-2002)
Olivia Scemama - bass (2006)
Frederik Vanmassenhove - bass (2002-2006)
Koen Verstraete - bass (1997-2002)
Gilles Delecroix - drums (2004-2006)
Frank Rousseau - drums (1998-2003)
Steven Logie - drums (1997-1998)


現在のラインナップ
Sven de Caluwé (Vo)
Sebastien "Seb Purulator" Tuvi (G/backing vocals)
Peter Goemaere (G)
Sven Janssens (B)
Dan Wilding (Dr)


メンバーは実に流動的になってますね。
初期からずっと在籍しているのはヴォーカルのみです。

昨年末からずっとABORTEDばっかり聴いていたけど、こうして各アルバムをローテーションしながら聴き比べてみると面白いですね。 ブルータリティという面では一貫しているものの、初期はスラッシュ寄りのGORE/GRIND、4thからリズム/ギター共更に音が太くなって低重心に。 ブルータル度も増しているように思います。 そして最新作ではよりメロディアスになって、この手のサウンドが苦手な方でも取っ付き易い音楽性になりました。

ヴォーカルはガテラルヴォイスにシャウト系の声が絡んでくるスタイル。
音はブラストが炸裂しまくりでギターはキレよく攻めまくってますが、緩急付けてあるので聴いててあまり疲れません。(←この間爆音で3枚続けて聴いた時はメッチャ疲れましたが^^ ) 時折入ってくるメロディアスなソロ・パートも非常にカッコイイです。

どのアルバムも良い出来で気に入ったので、まだまだ聴きまくっていこうと思います。

aborted member1
CDの紹介-01 / 21 / 06:50 (Wed)
コメント (4) / トラックバック (0)

コメント

大人買いだー(笑
このバンドって、グッチャグチャのゴアメタルなのかなと思ってたのですが(ジャケから鑑みるに
何が何が、こんなヨーロピアンなデスをやっていらっしゃったとは…
すいませんって感じですねw
ソロGが物凄くクリアに切り込んでくるのも最高。
とりあえず、新作は即げとします。

お~買いましたね!!
自分は後2枚ないです。
1枚目と5枚目です。
2枚目は自分のとジャケ違いですね~
このバンドいいバンドなのに日本じゃパッとしないですね~
勿体無い。

>Amatinさん

最新作は確か去年の夏頃購入しまして、ずっと過去のも聴いてみたいと思ってたのでようやくです。 買いだしたら止まらなくなりました^^
自分もゴアは苦手なんですが、このバンドはAmatinさんの仰りますようにデス寄りで、すんなりと耳に馴染みやすいです。 一般の方ににしてみたら”なんじゃこりゃ”なんでしょうけど。(笑
音の圧力も高いし、とにかくカッコイイっす。 新作、購入されるそうで嬉しいです! イイ出来ですよ~!!

>hideさん

昨年「Strychnine.213」が気に入ってこちらで書いた時に、過去作もお勧めとのコメントをhideさんから頂きましたし、ずっと気になっていたんですよー。 やっと念願叶いました。 2ndのジャケは差し替えられたらしく、当初のバージョンのは入手が困難みたいです。
1枚目も欲しいのですが・・・もうちょっと探してみます。

良いバンドなので、日本盤が出てきちんと紹介されるといいですよね~!!

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/228-4937829c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。