Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
pyramaze

輸入盤 / 国内盤

official (新作から1曲試聴可能)
Myspace (新作から2曲試聴可能)
音源1 / 音源2

2006年発表メロディック・パワーメタルバンドの「Melancholy Beast」(2004年)に続く6人組の2nd。

メンバー
Lance King (Vo)
Michael Kammeyer (G)
Toke Skjonnemand (G)
Niels Kvist (B)
Morten Gade (Dr)
Jonah Weingarten (Key)

前作は実力派ヴォーカリスト、Lance Kingを中心としたテクニカルなメロディック・パワーメタルといった感じだったが、今作も基本的にはその作風を継承。 コンセプト・アルバムとしたことでシンフォニックさが増した分、プロッグレッシブ的要素は減退しています。

新たにギタリストToke Skjonnemandを加えた事でサウンドに厚みが出ただけでなく、ツインギターによる見事なかけひき/ハーモニーが特筆もの。 キーボードのJonah Weingartenによるセンスの良い叙情味溢れるプレイも素晴らしい。

アルバムはオーケストラっぽいアレンジのサウンドに映画のナレーションの様な語りが入った曲でアルバムはスタート。 バックに挿入される女性のクワイアが実に心地よい。 このプロローグでこれから始まる展開に期待が高まります。 高まった期待を壊す事なくスリリングで雰囲気たっぷりのGから入り、Lance Kingのパワフルで伸びやかなハイトーンVoが更にドラマティックさに磨きをかけ盛り上げていきます。 6曲目は思わずうっとりしてしまう様な、女性Voとのバラード。 ここではLance Kingの見事としか言いようのない歌唱力の素晴らしさを堪能できます。 7曲目と8曲目はこれまでの流れとは違い、明るいカラッとした感じの曲調に。 9曲目では再び1曲目の様な語り口 / オーケストラ・アレンジが入っていて、ラストへ向けて緊迫感を増していき10曲目でアルバム前半のドラマティックな曲調に戻り幕を閉じます。 日本盤はこの後ボーナストラック1曲追加収録。

音質もクリアで奥行き感があってプロダクションも良好、ハイレベルな良いアルバムです。

1.ERA OF CHAOS
2.THE BIRTH
3.WHAT LIES BEYOND
4.ANCIENT WORDS WITHIN
5.SOULS IN PAIN
6.SHE WHO SUMMONED ME
7.THE BONE CARVER
8.BRING BACK LIFE
9.BLOOD RED SKIES
10.TEARS OF HATE
11.FLAME AND RETRIBUTION *
*日本盤ボーナス・トラック




CDの紹介-04 / 22 / 07:43 (Sat)
コメント (2) / トラックバック (0)

コメント

はじめまして。PYRAMAZE。blog記事にしている人は少ないらしく、やっと見つけて、うれしさのあまり、コメントしました。<クリアで奥行き感あ>るというのはまったくそのとおりですし、ほんとにLance KingのVoパフォーマンスは見事ですよね。じつは前作を聴いていないのですが、1stはプログレ・メタル寄りだったのですか? あと、ささやかながら、ぼくも感想めいたものを書いてみました。よかったら遊びに来てください。では。

はじめましてです。コメントありがとうございます。最近更新してなかったので、お返事随分と遅れてしまいすいませんでした。m(._.)m
そうですね、今作よりは前作(1st)の方がプログレメタル色が出ていると思います。楽曲のドラマティックさはこちらの新作の方が数倍上なので、どちらか言うと私はこの「Legend of the Bone Cover」が好きですね~!
またぼちぼちとブログ更新していこうと思っておりますので、よろしくお願いします~。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/20-603e4299


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。