Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
a.jpg

    輸入盤/ 国内盤無し

official site (4曲試聴可能)
モデルも兼任するVo Angelyca嬢のサイト

2005年スペイン産7人組シンフォニック・フィメール・ゴシックメタルバンドの1stアルバム。

メンバー
Lady Angellica (Vo)
Oswalth (Read G)
Servalath (G)
Michael Ross (B)
Lgnaz (Violin)
Leal (Key)
Edward Vert (Dr)

このアルバムは買って2ヶ月程経つのですが、未だに飽きがきません。

AngellicaのVoはやや一本調子気味のフィメールながら、繰り返し聴いていると不思議といつの間にか病みつきになってしまう魅力を持っています。 

勿論、楽曲も全曲とても素晴らしく、Keyによるシンフォニックなアレンジとデジタルな味付け、ムード満点にViolinやピアノを絡めて聴かせどころを作ったり、デス・ヴォイスもここしかないと言った場面で効果的に登場。 でもやはり一番のポイントはGuitarですね。 リフやソロなんかもとてもカッコイイ。 沢山いるこの手のゴシック・メタルのバンドの中でも頭一つ抜ける程、非常にメタル度高いです。 リズムも歯切れ良く切れ味抜群、時にはブラスト気味に疾走する場面もあったり。 同ジャンルでは個人的にはORPHANAGEなんかも気に入っていたんですが、これはそれ以上にハマりました。 CDの裏面を見たら、プロデュースにMETALIUMのLars Ratzの名前が・・・どうりで・・・。 とにかく一つの曲の中でいろいろ手を替え品を替え、練りに練られていて本当飽きが全くこないんですよ。 ゴシックならではのダークな雰囲気、ドラマティックな展開をも持ち合わせ、聴くたびに新しい発見があってアルバム全体でみてもバランスの取れた非常に良い作品です。

TRACK LIST
01. Lunatic Asylum
02. Reminiscences
03. In the Forest
04. Equilibrium
05. The Circles of Tenebra
06. Dreams and Dust
07. Aquelarre
08. Across the Mirror
09. Tristeza
10. The Letter

CDの紹介-04 / 22 / 04:46 (Sat)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metal16.blog56.fc2.com/tb.php/19-9653dcb0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。