Stairway to darkness

ブログの趣旨

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
in_griefジャケ
myspace

2009年、ノルウェー産プログレッシッブ・デスメタルバンドの1st。

前半の曲に効果音が入っていることから、コンセプトアルバムなのかな?
7曲入りなのだが一曲あたり6~10分近くの長さの曲が収められており、いかにもプログレ・デスらしい。

細かく刻むリズム・ギターがスリリングで、メロディックなリード・ギター/シンセが入ってきます。
作風はいたってダークであり劇度と緊迫感が堪らんですね。 

ヴォーカルはクリーンなんかも導入されていて、その辺りはモダンさを感じます。

割と攻撃的だし普段メロデス聴いてる方なんかどうでしょうかね~
たまにはこんなのも如何?

in grief-member
スポンサーサイト
CDの紹介-04 / 29 / 05:50 (Wed)
コメント (0) / トラックバック (0)
CRIMINAL-White Hell
myspace / youtube

2009年、チリ産デスラッシュ・バンドの6th。

くお~! なんてカッチョイイんだ!
2ヶ月も前にこんなの出てたなんて知らなかった。 
このバンドを聴くのも初めてだし、チリのバンドを聴くのも初めて。
メンバーの見た目からしてもそんな感じがするけど、1stが1994年らしいのでかなりのベテラン。 

疾走部分はただ速いだけじゃなくて、リフ運びがよく考えてある。
切り込んでくるソロもかっこいいぞ。
ミドルなパートでも、分厚くガツンガツンくる音が凄く気持ちいい。

こいつぁ~ オススメであります。

正直言って知らないんだけどCRIMINALはPENTAGRAMってバンドのAnton Reisenegger(Vo,G)によって結成されたバンドらしいです。

外盤としては送料込みで約2000円(自分が買ったところでは)と、ちょっと高いなと思ったが試聴したらカッコよくて我慢できずに購入したけどLimited EditionでLIVE DVDが付いてた。 ラッキー! だけど調べてみたら殆どこちらの2枚組仕様で出回っているみたい。

~MAIN FEATURE~
☆LIVE AT TEATRO NOVEDADES(35min)
Santiago De Chile DEC.07.2007 - 全10曲

~BONUS FEATURE~
☆LIVE AT ARENA SANTIAGO(35min)
Santiago De Chile MAY.31.2008 - 全9曲

☆LIVE AT UPFROM THE GROUND FESTIVAL(15min)
Germany AUG.27.2006 - 全4曲

まだちょっとしか観てないけどPAL方式で計90分、メインの方はカメラアングル/音質良し。
ボーナスの方はちょっと音質が劣るもののLIVEの臨場感はよく出てると思います。

いずれにしても、とてもボーナスディスクとは思えないたっぷりな内容。

criminal-member.jpg
CDの紹介-04 / 27 / 06:50 (Mon)
コメント (0) / トラックバック (0)
soulfallenジャケ
official / myspace / youtube

2009年、フィンランド産 ダーク ブラック/デスメタルバンドの2nd。

①はイントロからアコースティックギター、Keyの悲しげでゴシックな潤いのあるメロディに心奪われてしまいました。 DRACONIAN等で聴かれるようなDoomyな感じがする沈痛な趣きが良いな。

アルバム全編を通してシンフォニックさを醸し出す巧みなKeyの使い方が絶大な効果を発揮してます。

少々プログレチックなところもあり。
良いメロディ盛り沢山でドラマティックかつスリリング。

攻撃性はあまりないけど、ダークなメタルが好きな方だったら このサウンドはハマりそう。
曲の雰囲気はシンフォ・ブラック的側面があるゴシック・デスといったところかな。

それにしても いいアルバムがゲットできて嬉しい。 いや満足満足。

"We Are The Sand"ではBEFORE THE DAWNのLars Eikindがクリーンヴォーカルでゲスト参加してます。
CDの紹介-04 / 25 / 06:37 (Sat)
コメント (0) / トラックバック (0)
forest steream ジャケFOREST STREAM 「The Crown Of Winter」
          >myspace

3/23日に発売された筈だったロシアの Black/Gothic/Doom バンドのこのアルバム欲しいんスけど、どこ探しても買えないんですが・・・ 

実際まだ出てないのかな? 
このサウンド好みだぁ~。 激ドラマティック!!
マイスペのVisitors、最初訪れた時は日本からの来訪は無かったと思ったのですが今現在5になってます。 しょっちゅう聴いてるから全部アタシだったりして。(笑
あぁ~ 欲しい~! 
その他-04 / 23 / 06:34 (Thu)
コメント (0) / トラックバック (0)
25th.jpg
2008年冬に行われた全国ツアーから、12月7日・渋谷C.C.レモンホールでのファイナル公演の模様を収録。ブックレット写真集が付いた2枚組

TAKASHI MASUZAKI : Guitar
YOICHI FUJII : Guitar
TOMONORI"YOU"YAMADA : Bass
SATOSHI"JOE"MIYAWAKI : Drums
TAKANOBU MASUDA : Keyboards
ERI HAMADA : Background Vocal
MASAFUMI NAKAO : 2nd Keyboard & Sound Effects
TAK MATSUMOTO : Guitar(Guest)



浜田麻里さんの4/15日に発売されたDVD、買ってしまいました。

LIVE当日の模様を余すところなくノーカットで収録した全24曲160分、ファンには堪らない内容です。

今までの活動の中で発表したアルバムの中からバランスよく演っていると思います。

ワタクシとしましてはやっぱり初期~中期の頃の曲が入っているのが嬉しいです!

麻里さんはいい曲が多いのでどれも好きなんですが、特に”Come And Go”と亡くなったLOUDNESSの樋口宗孝さんのことを話し涙した後の”Noah”には感激!! 今になってもこんなにハードなチューンを歌ってくれるなんて。(涙 ご存知でない方のために書きますと、1st『Lunatic Doll』 / 2nd『Romantic Night』は樋口さんがプロデュースしているのです。 そして現B'zの松本孝弘さんがアルバム4th『Rainbow Dream』 / 5th『Blue Revolution』 / 6th『Promise in the History』で全曲ギターを弾いてます。 (『Blue Revolution』”Stormy Love”は松本さんが作曲。)

デビューから25年、全く衰える事のない声量とパワーには驚くと同時にこれからもまだまだイケると安心しました。

ライブツアーにいつも帯同しているバックヴォーカルの浜田絵里さんは妹さんです。
しっとりとしたバラードでの二人のハーモニーは絶品で、これは姉妹でしか成し得ないものであると思いました。 そして相変わらずお綺麗な容姿だ^^ メンバー紹介のMCで自分の人生に引き込んじゃってますと言っていて思わず笑ってしまった。 以前インタビューで読みましたが麻里さんの脅威のハイトーン・ヴォーカルのコーラスはどうしても妹さんしか出来ないそうです。

ライブが終わりに近つ゛き名曲”Blue Revolution”ではサプライズ・ゲストとして何と!!
TAK MATSUMOTO登場! ここは否が応でも盛り上がっちゃいます。

このDVDは音質も映像も最高ですし、選曲等古くからのファンには涙なくしては観れません。
個人的にはコレとかアレとかソレとか(笑 聴きたい曲挙げたらキリなく沢山あるんですけど^^

ヒットしたReturn To Myselfとかで知った方でも観て欲しいです。 ← このアルバムに入っている”Second Wind”は名曲だと思います。 あと"Take Me to your Heart" もいいですよね~

今まで浜田麻里さんについては、こちらに書いたことはなかったですが大好きなヴォーカリストです。

この際だからエイッ!と自分の持っている作品全部並べちゃいました。
笑ってやって下さい。 しかもクリックすると大きくなっちゃいます。(笑

DSCF7368.jpg

半分から上がアルバムで、下が映像作品です。 無駄にデカイのはレーザーディスク。
時代を感じさせますね。 DVDの前はレーザーだったのに随分昔に感じられます。

「メタル・クイーン」として君臨していた頃も良いですが、その後のハードなポップ路線もメロディがとても良くて好きです。 この10年程は更にここら辺からも脱却した感があってアルバムを買わなくなってしまいましたが。 それでもDVDのLIVE盤では昔の曲が入っていたりするので必ずチェックしています。 

一般的に認知されたのはやはり”Return To Myself”以降でだと思うのですが、それ以前の曲でYOUTUBEで動画のある中からメタラーの皆さんでも熱くなれる曲をどど~んと紹介しちゃいます。














アルバムでのこの曲のサビ部分”フェ~アレス ナ~イト!”はもっと高音が突き抜けていて最高にカッコいいです。










と、どうでしたでしょうか?
中期以降しか知らない方だったら、かなり驚いたんじゃないでしょうか。

こちらに訪れていただいてる方の中にも麻里ファン、居たら嬉しいんですけども。

デビューから25年、他に追従する者が居なかった事から”孤高のヴォーカリスト”として突っ走ってきましたが、これからも末永く活動されていかれる事を願っています。
CDの紹介-04 / 19 / 15:17 (Sun)
コメント (6) / トラックバック (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。