Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
来月、1/24に発売されるSIRENIAの新作が待ち遠しい。。

気になさっている方には、お馴染みかも知れませんがジャケはこちら
SIRENIA-NEW.jpg
おぉ~! 前作に引き続き、良作を予感させる素晴らしいアート・ワーク!
でもEVANESCENCEに似てるような・・・

トラック・リストは、
01. The Path to Decay
02. Lost in Life
03. The Mind Maelstrom
04. The Seventh Summer
05. Beyond Life’s Scenery
06. The Lucid Door
07. Led Astray
08. Winterborn 77
09. Sirens of the Seven Seas
で、全9曲。
以下限定盤のみのボーナス・トラック
10. The Path To Decay (Radio Mix) (Bonus Track)
11. The Mind Maelstrom (Instrumental) (Bonus Track)
12. Winterborn 77 (Instrumental) (Bonus Track)
タイトルは「The 13th Floor」
只今youtubeで全曲試聴可能となってます。(↑各曲にリンク貼っておきました。)

myspace

リンクしておきながら、何ですけど自分はマイスペにUPされてる1曲しか聴いてません。(爆
”The Path to Decay”だけ聴いたら今回も安心して楽しめそうな感じがしました。
それ以上聴いちゃうと、発売されてからまっさらな気持ちで聴く楽しみがなくなっちゃうので我慢!

前作、 「Nine Destinies And A Downfall」は昨年最も気に入ったアルバムでした。

さっきリンク貼ってたらこの曲のPVが製作されてたの知らんかった。。
一年遅れで観たけど、今の季節にちょうどピッタリ^^
"The Other Side"


そして名曲といっても過言ではない、
”My Mind's Eye”


前任のMonikaさんの声が好きだったのに残念・・・
今回変わっちゃったんですよね。
でもそれも含めて楽しみの内のひとつではあるんですが。。

期待をしつつ、amzonで「The 13th Floor: Special Edition」を予約注文しときました。

HeaderBanner.jpg
スポンサーサイト
その他-12 / 27 / 06:50 (Sat)
コメント (2) / トラックバック (0)
DSCF5973.jpg
official / myspace / youtube

2008年、東京のゴシック・メタルバンドによる6曲入り1stミニアルバム。
☆メンバー
Vocal - Michi
Guitar - Mark
Bass - Mayu
Key - Miseana
Drums - Miku

☆Track List
「Eternal Place」 (左)
1 - Laugurio alla luna
2 - Slip Away 
3 - Eddy
4 - Eternal Place 
5 - Subline Hometown
6 - Darkness and Light

「LIVE at JGU」 (右 - Bonus Disk)
1 - Slip Away
2 - Eternal Place
3 - Wicked Invitation
4 - Darkness And Light
5 - Invoke -Enter Anguish-

DSCF5974.jpg

メンバーの写真を見てまず気になった、というか羨ましいのがギタリスト!
他全員女性ってのが^^ アルバムにおけるプレイは出過ぎる事なく割りと控えめな感じですが、曲の柱をしっかりと築いてるって感じです。 

まず曲を聴いて耳を惹くのはイイ雰囲気を醸し出しているKeyと(特に②とか)、Michiさんのヴォーカルです。 特にソプラノで歌い上げるヴォーカルの伸びやかな声は素晴らしくて、聴き入ってしまいます。

③⑤のメロとサビはどこか懐かしさを感じさせてくれるような趣のある曲で、④はヘヴィな中にもいいメロディがあって歌メロも良く、後半のギターとヴォーカルが聴きどころです。 ゴシックらしいダークなムードと美しい声が見事に調和した⑥は、アルバム中最も好きな曲。こちらは下にLIVE動画なんぞを。



ボーナス・ディスクにはアルバム未収録曲”Wicked Invitation”(声の良さを生かしたバラード的な曲)、”Invoke -Enter Anguish-”(コンピレーション・アルバム サムライメタル Vol.3に提供した曲>union<) が収められています。 どちらもオフィシャルで試聴可。

日本のバンドは情報量が少ないせいもあって殆ど聴いてきませんでしたが、こちら方面にアンテナ広げておくのもいいかな、と思いました。

CDの紹介-12 / 24 / 06:50 (Wed)
コメント (4) / トラックバック (0)
今月、買おうか迷っているアルバムにLAAZ ROCKITがあります。

何と! 新作は17年振りだそう。。

私は「Annihilation Principle」(1989年)一枚しか持ってませんでしたが。
でした”というのは、当時働いてたバイト先の仲間にMETALのすきな奴がいて、このアルバムとその他数枚を貸したまま自分が辞めてしまったので。 バカですね~。(汗
今更ながら返してほしい・・・ って無理か。

”Fire In The Hole”


その中に入ってたこの曲はスラッシュの名曲ではないかと思います。
懐かしい! あれから、もうすぐ20年経つぞー

このPVは録画して何度も観、そしてCDを聴きまくりました。
今聴いても超カッコイイ~!! 
ぜひ大音量で^^
その他-12 / 13 / 16:15 (Sat)
コメント (4) / トラックバック (0)
THERION DVD
official (日本公式) / myspace / youtube

2008年スウェーデン産、(ゴシック)シンフォニック・メタルバンドのLIVE DVD(DVD + CDの二枚組)です。

”Gothic Kabbalah ツアー” で2007年にワルシャワで行われたステージ(約120分)が収録されています。

輸入盤が先に出て、ずっと欲しいと思っていたのですが、購入を延び延びにしてしまっていたら国内盤が。 いい機会なのでこちらにしました。

久しぶりにLIVE DVD買いましたが豪華ですね~ 手にとって見てるだけで満足感が得られます。 所有する事の喜びが味わえるのはアルバムの最新作同様。 ライナーは前田さんが書かれております。 

画面サイズが16:9なのは嬉しいです。 
音声は2.0ドルビー。 5.1chかDTSの6.1chだったらもっと良かったと思うけれど、それは贅沢というもの。 とりあえずアンプの設定で擬似6.1chにして鑑賞することにしました。

選曲は、(ライナーより)
5th「Theli」 - 3曲
6th「Vovin」 - 3曲
7th「Deggial」 - 1曲
8th「Secret Of the Runes」 - 3曲
9th「Lemuria / Sirius B」 - 3曲
10th「Gothic Kabbalah」 - 5曲
その他は13曲目でドラム・ソロ
ラストの22曲目でマノウォーのカヴァー
で構成されてます。

メンバー
Christfer Johnssn(G)
Johan Niemann(B)
Kristian Niemann(G)
Petter Karlsson(Dr)

Lori Lewis(Vo)
Katarina Lilja(Vo)
Snowy show(Vo)
Mats Leven(Vo)

まず思ったのは会場が意外に小さいなぁということ。
このステージに8人が居るので密度が高い^^
でもこの位の方がバンドとの一体感が得られていいんじゃないでしょうか?

ステージのセットと照明効果も素晴らしく、女性2人男性2人のヴォーカルが曲によって入れ替わったり、一緒に歌ったりと視覚面で非常に楽しい。

バンドメンバー4人も堅実なプレイをしてくれているので、聴覚的にも何の不満もありません。
なによりも、全員がステージをメイッパイ楽しんでるというのが、こちらにも伝わってくるのがいいですね。 各音のバランスも良好で申し分なしです。
観客を楽しませるために、よく考えられたプロのショーであると強く感じました。

DVDのダイジェスト



AESMA DAEVAのLori Lewis姉さんのお姿を初めて拝見! 感激~!!
その他これだけの個性溢れるメンバー達が同じステージに立っているのを、もう観れないとは何とも残念な事であります。

こちら<の”Listen”で全曲試聴できます。
CDの紹介-12 / 11 / 07:02 (Thu)
コメント (2) / トラックバック (0)
OMNIUM GATHERUM
official / myspace / youtube

2008年、フィンランド産メロディック・デスメタルバンドの4th。

デビュー当時からメロデスでは括れない側面を垣間見せていた曲もあったけど、今作はそちら方面の割合を増やしてきました。 

冒頭3曲目まではDUSKFALLにINSOMNIUMをミックスしたような正統派メロデスで、⑤⑥⑨はそれとは若干違う毛色のミディアムの曲だけど、これもまたカッコイイです。

その他はリフの運び方がPUNK的なものとか、メロディがDARK METALやGOTHっぽいのがありますが、その辺りもきっちりと消化してセンスよく纏め上げているのは中堅だなーって感じがします。 もう4作目ですからね。 

全体的に攻撃性といった面は落ちましたが、幅を持たせた良いアルバムになっていると思いましたよ。

今月号のBURRN !誌に掲載されている輸入盤チャートでは7位にランク・インしていて、結構売れてるみたいです。
omunium.jpg
CDの紹介-12 / 10 / 06:18 (Wed)
コメント (0) / トラックバック (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。