Stairway to darkness

ブログの趣旨

tana-k

Author:tana-k


紹介するCDは新譜中心で、自分が気に入ったアルバムだけを紹介しています。

が、レビューではありません。(^_^;)

堅苦しくなると更新が疲れてしまいますので、お気楽にやってます。

試聴音源は必ず貼ってありますから、良し悪しはそちらで聴いてみて各自判断下さい。 

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
新譜情報
通販ショップ

HMVジャパン

最近のエントリ
カテゴリー
☆リンク(blog)☆
フリーエリア



月別アーカイブ
コメント
フリーエリア
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
RAINTIME

official / myspace
amazon : 国内盤
tower : 国内盤


イタリア産メロディック・パワー/デスメタルバンドの2nd。

新作は大胆なまでにkeyを配した構成の曲や、ダイナミックで躍動感のある作曲術には1stも良かったけど更に格段の進歩が認められます。

メロデスという狭い枠にはもはや収める事の出来ない様々なスタイルを吸収したサウンドは個性的。

メロディック・メタルぽい⑤も上々な出来で、RAINTIMEの音楽面での懐の深さを感じます。 ⑧のマイケル・ジャクソンの「Beat It」は例えばNORTHERの「Final Cowntdown」みたいな違和感ありありのを想像していましたが聴いてみるとクラウディオがクリーンVoで歌っているせいか これが結構ハマっているのに驚き。 アレンジもカッコイイし。 東洋的なイントロの⑪も面白い。 フュージョンとメタルが融合した感じのインスト曲(日本盤ボーナス)「Butter-Fly」も素晴らしいです。

しかしこのクラウディオという人、クリーンと濁声がとても同一人物とは思えない程お上手。
スポンサーサイト
CDの紹介-03 / 31 / 06:54 (Sat)
コメント (2) / トラックバック (0)
ここのところずっと仕事が忙しく、今日が納期だけど間に合わない為徹夜して朝9時半に家に帰ってきました。 家に誰も居なくて好き勝手に出来るのはいいけど、頭が廻らないなぁ~。 時々意識不明に。(笑

熟睡してしまうのはもったいないので30分だけ寝ました。



昨日、amazonよりCDが届きました。

SLUMBER 「Fall Out」
SLUMBER

>myspace<
amazon : 輸入盤

一昨日マイスペを彷徨っていたら見覚えのあるジャケに遭遇。

試聴してみたらあまりの曲のよさに感動!

すぐにでも欲しくなってしまったので、いろんな通販CDshopみてまわったらamazonでは1000円弱で売ってるではありませんか! 在庫は2枚だけだったので即注文しました。 でも1500円以下なので送料が加算されるのがもったいないから、CDシングルだとずっと勘違いしていたLeaves' Eyes「Legend Land」(mini)と合わせて購入。 こちらは残り1点、危なかった^^ それにしてもなぜSLUMBER 1068円?? 他は1600~1800円なのに・・・ 欲しくなっちゃった人は残り一点、早い者勝ちですよ~! 今聴いてますけど泣きメロの大洪水で たった一人部屋の中で悶絶しています。(笑

この系統が好きな人はすでにチェック済みだと思うんですけど。 発売されたの2004年だし・・・。 

他にも以前頼んだやつが昨日届いたので、そちらも期待が高まります。
その他-03 / 30 / 14:06 (Fri)
コメント (4) / トラックバック (0)
DEW-SCENTED

official / myspace
amazon : 国内盤 / 輸入盤
tower : 国内盤


2007年、ドイツ産デスラッシュ・バンドの7th。

凄い。 相変わらずのブレーキが壊れた止まる事を知らない どこを切っても怒涛のスラッシュサウンド。 スラッシュ一色に染められた少しも休むことなく突っ走るその姿勢には感服しました。(途中小休止的な曲もあります。でないとさすがに疲れてしまう。)SLAYERばりの切り裂きソロがカッコイイ!

⑦曲目の最初のソロはジェフ・ウォータース、次はGus.G。
⑫ではミレ・ペトロッツァがゲスト参加。

「IMPACT」発表後にバンドを離脱したフロ・ミューラーが今作より復帰、ライナーによると曲作りにも全面関与したとの事。

聴き終えた後の疲労感さえもすがすがしく感じます。
くれぐれもヴォリュームにはご注意を。(笑

日本盤のボーナス・トラックの6曲は2曲がこの「Incinerate」のアウトテイク、その他4曲はカヴァー/再録/他国盤の過去作でボーナス・トラックとして収録されていたもの。

CDの紹介-03 / 29 / 07:10 (Thu)
コメント (0) / トラックバック (0)
SIRENIA

official / myspace / youtube >My Mind's Eye (album version)<
2007年、ノルウェー産ゴシックメタル・バンドの3rd。

SIRENIAならではの哀愁を帯びたメロディに加え、今回の作品では大きな特徴ともいえる専任女性Vo(Monika Pedersen)を迎え全面的にフィーチャー。 楽曲が華やかさを増して明快になりました。 歌メロがとにかく良すぎですよ。 これはもうMETALの枠を飛び越えていろんな方に聴いて欲しい!と思います。 妻の姉さんに貸したら「ヴォーカルが違う気がする」って言われちゃいましたが、DELAINと一緒に貸したのが失敗だったのかも。 あの声に比べたらやっぱり・・・。 新Voは凄く味があって良いんですけどね。

これ前の作品より好きかもです。 普段デス声のバンドを聴く機会が多いのでゴシックメタルの女性ヴォーカルものを聴くと本当に癒されてしまいます。 曲は劇情渦巻く中にキャッチーさもあって、切なく感じるところもあり非常にクオリティの高い仕上がりです。 混声クワイアも非常にいい感じ。 何度聴いても飽きがきませんね~。 ゴシックファン必聴のアイテム。


CDの紹介-03 / 23 / 06:55 (Fri)
コメント (2) / トラックバック (0)
20070317193856.jpg

official / myspace / youtube
amazon : 輸入盤

2007年、アメリカ産DOOM/DEATHメタル・バンドの6th。

DOOMといっても一般的に連想される、どこまでも重く、そして暗いものではなくゴシックメタル寄りかなと思います。 なのでGOTHIC/DEATHの方がしっくりくるかな? 初期は、まさにDOOMと呼ぶに相応しい音楽性だったようですが私は持ってないので知りません。 そのあたりは今作では⑥あたりに色濃く出ているのかも。 でも退屈さは感じませんでした。

②④⑧はアコースティック・ギターや耳を惹きつけるソロなどが導入されていて美しさのある曲で、切れのいいリフで突き進むアグレッシブな曲①③⑤⑦等は、そこいらのデスメタル・バンドよりカッコイイ曲もあります。 myspaceでも公開されている③の「Drown the Inland Mere」は、お気に入りです。
CDの紹介-03 / 17 / 21:10 (Sat)
コメント (3) / トラックバック (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。